産後のシミは化粧品で!肝斑の美白はプラセンタがおすすめ

産後 シミ 化粧品

産後のシミは肝斑の可能性大!

妊娠・出産と女性の体内環境は激変します。その期間に女性ホルモンのバランスが崩れ、頬のあたりに広がるシミが発生します。それが肝斑と呼ばれています。

トラネキサム酸は肝斑に良いけど・・・不安

出産後の授乳期は摂取するものにとても気を使うものです。いくらトラネキサム酸が授乳期でも大丈夫だと言われても、他の薬と併用する可能性もあり、万が一のトラブルや副作用の心配もしてしまいます。

それならプラセンタを肝斑のケアに!

アンチエイジングで有名なプラセンタは薬ではありません。豊富な栄養素持ち、健康と美容に効果的な成分が含まれてるものです。プラセンタには新陳代謝を促したり、女性ホルモンのバランスを整えたり、メラニンの生成を抑制する成分もあるので、産後の美白にピッタリなのです。プラセンタは授乳中の方でも使うことができます。

毎日忙しいママにはオールインワンがおすすめ

毎日息をつく暇がないほど多忙な育児。赤ちゃんから目を離せない!でも身だしなみはキチンとしたい!そこで役立つのがオールインワン化粧品です。化粧水・乳液・美容液・クリームのスキンケアが1度で完了。化粧品代も節約できます。容器がポンプ式なら衛生面でも安心です。

産後のシミとスキンケアに こちら プラセンタ配合のポンプ式オールインワン

産後のシミを化粧品で美白!お肌のボロボロも一緒にケア!

産後 肝斑 化粧品

産後の肌トラブルは深刻

乾燥・肌荒れでガサガサ

肌のたるみ・小じわ

産後の肌はとても不安定です。妊娠・出産を境に肌質が敏感肌や超乾燥肌になってしまうこともあります。

乾燥がひどくなった肌にはセラミドを補給し、ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分で水分を逃がさないようにお手入れしましょう。

外出時の日焼け防止にしっかり保湿を!

肌の水分が不足しすぎる敏感肌や乾燥肌は、紫外線のダメージがとても受けやすくなってしまいます。お散歩や外遊びに出かける機会が多いと日焼けによるシミの発生が高まります。シミ予防のためにもしっかり保湿をしましょう。

プラセンタはメラニン生成の抑制や肌のハリ・潤いにも良いなど美肌ケアに使われています。

セラミド配合!美肌温泉の温泉水も入っている こちら 肌環境底上げコスメ!ハリも潤いもこれ1本

産後のシミ対策 化粧品は安い方がいい!経済的なオールインワン

産後 シミ 化粧品

子育てにお金がかかるので節約中!

「予算は月2000円以内にしたい」

「毎月化粧品を買いに行くのは面倒」

できるだけお金と時間のコストを安くしたいものです。時短は「オールインワン化粧品を使う」ことで解決できます。では予算削減は?

コスパの良いオールインワンならメディプラスゲル

オールインワン化粧品で有名なものは価格が3000円以上のものが多いです。メディプラスゲルは1ヶ月あたり1898円です。1本180gで2ヶ月分。たっぷり入っているので首やデコルテのケアもできます。

メディプラスゲルはプラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン配合でポンプタイプのオールインワン化粧品です。2ヶ月ごとに届くので毎回注文する手間が省けます。(定期コースのほうが通常購入より安い値段で買えます)

産後にシミが出てきたり増えたり。基礎化粧品は肌にやさしいものを

今まで使ってきた基礎化粧品が急に使えなくなることが

妊娠中から体質・肌質の変化を感じる方もいます。出産後、急にシミやそばかすが増えた、肌荒れしやすくなったり、化粧品に負けて赤くなったり、乾燥して肌がボロボロになってしまったり。この状態の肌には敏感肌でも使える肌にやさしいタイプの基礎化粧品を選びましょう。

シンプルなスキンケアで肌の負担を軽く!

急な肌の変化に驚いて、慌ててさまざまなスキンケアを試してみたくなりますが、そこはグッと我慢。デリケートな状態の肌をたくさん擦ってしまうと余計に肌の乾燥が進んでしまいます。肌に刺激を与えず、十分な保湿をすることがベスト。だからオールインワンタイプの化粧品が重宝されるのです!

出産後に顔のシミができてしまったので美白に良い化粧品は何かないかな?と思っている方に。シミ対策に美白化粧品を使いますが、ここで大事なのがそれがどんな原因からできたシミなのか?ということです。一般的な美白系コスメというのは、紫外線を浴びてメラニンが生成されてメラニンが黒化されてしまったことによるシミの対策スキンケアです。しかし、出産後にシミが目立ち始めた、と感じる方の場合には「肝斑」のシミである可能性が出てきます。(肝斑は肝臓が悪くなった、という意味ではなく、シミの現れ方が肝臓の形に似ていることから名付けられたものです。)この肝斑は女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことでできやすくなるシミですから、妊娠、出産と女性の身体に変化が大きく現れることで肝斑も引き起こされる可能性が高まる、というわけです。ですから、産後のシミ対策に美白ケアをする場合、通常の美白以外にも、肝斑のケアも考えましょう。 では、どんな化粧品が産後の肝斑におすすめされるのか?ということについて。 女性ホルモンのバランスを乱れた状態から元のバランスに戻すことに有効な成分が必要です。さらに新陳代謝を促進してシミを排出する成分も重要です。また育児・子育て中のママは子供の外遊びで日焼けをしてしまいがちですから、メラニンによるシミ・そばかす対策もできる美白も併用したいところです。紫外線によるシミにも肝斑にも両方効果的な美容成分というものがプラセンタです。アンチエイジング用のサプリメントのイメージが強いプラセンタですが、化粧品に配合されているものもあるので、プラセンタ入りのスキンケア化粧品で肌のお手入れをするのがオススメです。 プラセンタ化粧品のなかでどれがオススメなのか?ということについて。 化粧水、乳液、美容液、クリームなどいろいろありますが、シミや肝斑を増やしてしまう原因の一つに、肌を触りすぎて知らず知らずのうちに肌に炎症を起こしてしまう、ということがあります。ですから、あれこれとスキンケアをしすぎてしまうのも考え物です。肌のお手入れをやりすぎず、シンプルなスキンケアなのにしっかり美白もできる、理想的な化粧品はオールインワン化粧品です。オールインワン化粧品は化粧水と乳液・美容液・クリームの一体型のスキンケアアイテムです。洗顔後にこのオールインワンを塗るだけで済むので肌をたくさん擦ってしまうことが防止できます。 プラセンタ入りのオールインワン化粧品はメディプラスゲルという商品です。シミ、しわ、たるみ、といった女性の悩みに嬉しいスキンケアができます。プチプラ・低価格でもあるので使い続けやすいことからも人気があるオールインワンゲルです。

Copyright © 産後のシミ用化粧品|失敗しない美白化粧品の選び方 All rights reserved